She is bad mentality

服用タイミング

the white tablets and capsules

アイピルというのは高い避妊効果を持っていますが、服用するタイミングを守らなければ避妊効果が下がってしまいます。
確実に避妊をするためにも、ここで正しい服用のタイミングを知っておきましょう。

アイピルを服用する場合、性行為を行なってから72時間以内に服用する必要があります。72時間を経過して服用しても避妊をすることはできません。
また、72時間以内に服用すれば十分な避妊効果が得られるのですが、更に高い避妊効果を得るためには、性行為を行なってから24時間以内にアイピルを服用するようにしましょう。性行為後24時間以内にアイピルを服用することで避妊率が95~99%となります。
24時間を経過し、72時間以内に服用すると避妊率は75~80%と言われています。75~80%でも高い避妊率ではありますが、より確実な避妊を望むのであれば早期に服用することが大切です。

性行為後でも避妊効果が得られるということで、海外では広く使用されています。体に害はないものの、やはり服用を続けるのはよくありません。そのため、あくまで緊急用の避妊薬として服用するようにしましょう。
普段の性行為にはコンドームを使用し、コンドームで避妊を失敗した場合にだけアイピルを服用するというように使用することで、体に負担をかけず避妊ができます。

アイピルを服用する場合には早期に対応することが重要となっていますので、性行為をする前にアイピルを手に入れておきましょう。婦人科であれば当日に手にすることができますが、個人輸入代行サイトであれば、注文してから2~3週間かかってしまいますので今からでも注文しておくことをおすすめします。