She is bad mentality

金額について

a medicines vial

アイピルというのはアフターピルや緊急用避妊薬とも呼ばれています。こういった避妊薬というのは日本国内でも販売されています。ただ、コンビニやドラッグストアでは販売されていません。では、どこで手に入れることができるのか?それは医療機関です。
医療機関の中でも婦人科とよばれる女性の体を診てくれる診療科の病院へ行けば処方してもらうことができます。
しかし、アイピルと処方してもらう場合、1回分だけで10000~15000円ほどします。非常に高価ですよね。通常の治療で処方される薬というのは数百円程度ですが、アイピルを貰う場合には保険適用外の診察となりますので、これほど高い金額になるのです。

避妊対策をしたいものの、アイピルが10000円以上するなら妊娠をするしかない…。そう落ち込んでしまう方もいるかもしれませんが、個人輸入代行サイトを利用することでお安くアイピルを手に入れることができます。
個人輸入代行サイトというのは、海外の製品を通販できるサイトのことです。そして「代行」というのは、個人輸入をする際に必要な手続きを代わりに行ってくれるというサービスです。ですから、利用者は通常の通販でショッピングをする流れと変わらずに海外のアイピルを手に入れることができます。

気になる価格ですが、1箱1錠入りで1000~1200円程度となっています。
非常にリーズナブルに手に入れることができますので、少しでも金額を抑えた手に入れたいという人は個人輸入代行サイトをご利用ください。
ただ、海外からの発送となりますので送料が発生します。送料が高いところでは1000円程度しますので、個人輸入代行サイトを利用する場合には送料が無料のところを選びましょう。